忍者ブログ
睡眠障害について
1  2  3  4  5  6 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現在日本では、うつ病にかかっている患者は約360~600万人といわれています。
中高年のうつ病の原因は、職場でのストレスなどの影響が多いようですが、13歳以下の子供の10%や、幼児の5~10%がうつ病という驚くべきデータもあります。

また、うつ病の患者が増える季節は、秋から冬の間といわれています。
原因はわからないが、体の調子がなんとなく良くない「仮面うつ病」を含むと、とても多くの人が悩んでいる病気なのです。

うつ病の主な症状は、全身がだるくなり、疲労感があり何もやる気が出なかったり、イライラしたり、めまいや頭痛、動悸がするなど、さまざまですが、共通する症状では睡眠障害が起こります。

うつ病は、セロニンなどの脳内の神経伝達物質に異常が起こり、発症するといわれています。
セロトニンは、身体があたる太陽光線の量が多いと分泌されるようになります。
それにより、気持ちを高めて活動的にさせるのです。
それとは逆に、光線量が減少すると、メラニンが多くなり、感情を抑えて体を休ませます。
一日の日照リズムのバランスが崩れると、睡眠障害が起き、ついにはうつ病となってしまうのです。

そのため、最近では、光療法が日照リズムを改善させるのに効果があると、注目されています。
光療法とは、活発に活動する時間帯に、1時間ほど強い光線を浴びることによって、セロトニンの分泌量を増やし、体内時間を正しいものに回復させようというものです。

光療法を受けた人の多くが、気持ちが晴れ晴れとして元気になり、そのうちにうつ病もだんだんとよくなるそうです。
また、軽いうつ病の時期には、朝と夕方の日光浴だけでも、とても効果があるようです。

PR

昼間、仕事中や授業中にとても眠く困ったことは、誰でもあると思います。
でも、その眠気が耐えられないほどだったり、毎日続くような場合は、病気の可能性があるかもしれません。
昼間に眠くなるなんて、緊張感がないと思われたり、眠くなることと病気がつながらず、それが病気だということが気づきにくいことが多いです。

睡眠障害のひとつ、過眠症( ナルコレプシー)という病気の主な症状は、昼間でも突然と強い眠気がきて、眠り込んでしまうという睡眠発作などです。
重要な商談や試験の最中にもかかわらず、眠気がくることが多かったら注意しなければいけません。

副症状としては、情動脱力発作という症状が起きます。
たとえば、怒ったり笑ったりするときに、力が体中から抜けてしまったり、倒れこんでしまうことがあります。
このような症状がみられる場合や、耐えられないような眠気が2~3ヶ月もの間続くときには、過眠症の可能性があるでしょう。 
 
過眠症になる原因は、なりやすい遺伝的な体質と、環境因子(ストレスなど)が重なることで起こるようです。
しかし、ほとんどが確実な原因が分かりません。
また、手術や頭部に外傷を受けたり、睡眠不足が長く続いたときなどの、身体的に大きなストレスがかかった直後に発症することがあります。

過眠症の対処法としては、夜によく睡眠をとることが大事です。
それでも昼間に強い眠気がくるときは、かかりつけの内科や神経内科精神科、睡眠外来で診断を受けてください。

フリーエリア
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.