忍者ブログ
睡眠障害について
6  7  8  9  10  11 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

金縛りを経験したことのある人は、少なくないと思います。
中には、金縛りを心霊現象だとか、呪われていると捉えて、恐れて眠れない人もいるでしょう。
しかし、これは心霊現象などではなく、睡眠障害の一種なのです。

脳が起きている状態のレム睡眠の時に、なんらかのきっかけで、目覚めてしまうと、自分では意識があるのに、体が思うように動かせないことがあります。
このとき、筋肉は緩んだ状態なので、脳が体を動かすように指令を出しても、筋肉には伝わりません。
そのため、自分の意思で動かそうとしても、全然動くことができないのです。
こうして、金縛りが起きるのです。
この状態を医学的には、「睡眠麻痺」といわれています。
ほとんどの場合、完全に覚醒状態となれば、筋肉にも力が入るので、自分の思い通り動かすことができます。

金縛りが起きやすいときは、覚醒と睡眠がうまく切り替わらない時です。
たとえば、入眠する直前や、明け方に目が覚めてしまった時などです。
また、金縛りにかかりやすい人は、睡眠のリズムがバラバラな人、徹夜をよくする人などだといわれています。 
金縛りは、睡眠のサイクルが、規則的でない若者に起こりやすいようです。
特に、睡眠不足の時やストレスが蓄積している時に起こります。
時差ぼけによっても、金縛りになる可能性が高いです。
金縛りによくなる人や、なりたくない人は、規則正しい睡眠をこころがけることです。
規則的な生活サイクルを身につければ、そのうちに金縛りはなくなるでしょう。

PR

一人暮らしの若者の多くは、朝は食欲がない、朝食よりも寝ていたい、などの理由から朝食をとらない人がいます。
このような人は、昼食と夕食をまとめて食べるので、余計な負担を体にかけています。
そして、そのことは睡眠にも悪影響を与えています。
特に問題なのが、夕食を多めに食べることです。
また、ダイエット中だから、と朝食を抜く人がいますが、朝食で摂取したエネルギーは、すぐに消費されてしまうので心配いりません。

朝食とは、午前中に活動するためのエネルギー源なので、午前中に集中力を上げて、有意義に過ごすためには欠かせないものです。
また、噛むことは脳に刺激を与え、一日の活動開始を体全体に伝えます。
さらに、朝食をとると体温を上昇させ、心も身体も目覚めます。
そのため、朝食は必ず食べるようにこころがけましょう。

人は睡眠中でも体力を消耗していますし、大脳は睡眠中でも活動を続けています。この大脳は、多くのエネルギーを必要としています。
また、朝起きた状態は、10~12時間もの間何も食べておらず、体全体が極端なエネルギー不足になっています。
そのような、空っぽの状態で、朝食抜きで一日の活動を始めてしまったら、一日を充実して過ごせるわけがありません。
一日のうちで、朝食が一番大事な食事なのです。

しっかりと朝食をとり夕食を少なめにする、という食生活が身に付けば、睡眠サイクルも規則正しくなり、ぐっすりと眠れるようになるでしょう。

フリーエリア
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.