忍者ブログ
睡眠障害について
5  6  7  8  9  10  11 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

歯ぎしりは、そのまま放っておくと、二次障害としてさまざまな症状が現れる場合もあります。
歯ぎしりは、歯やあごにとても大きなダメージを与えます。
実は、とても危険な歯ぎしりのことを、しっかりと知っておく必要があるのです。

歯ぎしりは、それをしている本人は、全然気が付いていません。
それは、なぜなのでしょうか?
それは、寝ている間は、感覚器の伝達経路が断ち切られるためです。
音が脳へ伝わるとき、覚醒の状態では、筋肉から脊髄を通ります。
しかし、睡眠中は、この回路が働かなくなります。

つまり、周囲の人や家族に指摘されなければ、自分では歯ぎしりをしていることに、ほとんど気づくことないといってよいでしょう。
また、あまり音を出さなくて、ぎゅっと歯を噛み締めるような歯ぎしりも多いようです。
そのため、自分は知らずに歯ぎしりをしている人は、意外と多いのです。

それでは、なぜ歯ぎしりをするようになるのでしょう。
それは、歯のかみ合わせが悪くなっているときに起きます。
たとえば、虫歯で歯が痛むときや、治療でかぶせた金属冠の高さが適合しないときなどに、かみ合わせが悪くなります。
そのほかの理由としては、精神的なストレスや、肉体的なストレスによる不安などを、歯ぎしりにより発散させている場合があります。 

もっとも怖い二次障害は、いびきが睡眠時無呼吸症候群と深く関連していることです。
はっきりとは両者の関係はよくわかっていませんが、歯ぎしりをした後すぐに、睡眠時無呼吸症の症状が現れることがよくあります。
睡眠時無呼吸症候群は、突然死につながる、とても恐ろしい病気なので、注意が必要です。
 
歯ぎしりを治すには、専門科の医師に相談するのが、もっとも良いでしょう。
歯科医や口腔外科が専門としているので、そちらを受診しよう。

PR

妊娠すると、昼間でもとても強い眠気に襲われることがよくあります。
それには、いくつかの理由があります。

妊娠は、子孫を残すための、大きな段階を乗り越えたわけだから、もう男性を探しに出かける必要もありません。
また、妊娠した女性は、胎内で大事な命を育てなければいけないし、女性として最大のエネルギーを必要とする出産に備えなければいけません。
そのため、母親の体は、無駄なことにエネルギーを使わないようにするのです。

無理やり活発的に出かけたりすると、事故などに巻き込まれる可能性もあり、流産という最悪の場合もあります。
このようなことから、妊婦の脳は、できるだけ体を動かさないようにして、休ませようと仕向けるのです。
そのため、強い眠気を与えているといわれています。

思春期から更年期の期間、女性ホルモンが、睡眠に大きな影響を与えています。
女性ホルモンには、妊娠を準備するためのエストロゲンと、妊娠を成功させて状態を保つためのプロゲステロンがあります。
排卵後は、プロゲステロンが増えています。
プロゲステロンには、眠気を誘う作用があるので、月経前の一週間は強い眠気に襲われるのです。

妊娠3ヶ月までは、大量にプロゲステロンが分泌されるので、昼間から強烈な眠気に襲われます。
そして、妊娠6ヶ月になると、次第にプロゲステロンは減少しだし、妊娠9ヶ月では、プロゲステロンが減って、その代わりにエストロゲンが増えてくるのです。
それにより、逆に、出産前は眠気を感じなくなり、なかなか眠れなくなったり、熟睡できなくなるのです。

フリーエリア
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.