忍者ブログ
睡眠障害について
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

睡眠障害の場合、寝ている間にさまざまな症状が現れます。

レム睡眠行動障害(RBD)は、特に大人が問題になる症状です。
睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠に分けられます。
レム睡眠は比較的に浅い睡眠の状態で、全体の10~20%と割合的には少ないのですが、夢の大半がこのレム睡眠の間に見ます。
レム睡眠の間は通常、体の力が抜けた状態です。

しかし、この病気では、何らかの原因によって、体の力が緩むことがありません。
夢でけんかをしたり、何かに追い掛けられたり、頻繁に暴力的な夢を見ることから始まります。
そして、数カ月~1年経つと、徐々に睡眠中に大声を出したり、暴力まで振るうようになります。
夢での行動を、実際に同じように行なってしまうのです。

たまに起き上がる程度の軽い症状なら心配要りません。
しかし、家族や周囲の人に危害を与えるような行動がみられたら、専門科の医師に相談して治療する必要があります。

RBDは、認知症の夜間せん妄と誤って診断されて、間違った治療法を受け悪化する場合もあるようです。
またRBDは、パーキソン病や認知症の初期段階の症状が現れる場合もありますから、注意が必要です。
RBDの治療としては、抗てんかん薬の一種のクロナゼパムや、レム睡眠を軽減させる睡眠薬が効果的とされ使用されます。
クロナゼパムは、服用を始めてから1週間程度で、約8割の患者が改善され、異常な行動が減少していきます。

異常な行動がみられたら、本人と周りの人が苦しむ前に、早い時期に医師に相談することが大切です。

PR

毎日のように、悪夢に悩まされて困っている人もいると思います。
しかし、残念ながら「悪夢」については、医学的には解明されていません。

たいてい、夢は誰でも見ているのに、覚えていることは少ないものです。
夢の内容もいろいろあり、悪夢の方が特に覚えているので、多くの場合が悪夢となるのです。
悪夢というものは、病気ではないので、治療の対象にはほとんどなりません。
しかし、レム睡眠の状態の時が、夢を見る割合が多いことから、悪夢をよく見るということは、睡眠の質が悪くなっていると考えられます。

悪夢を頻繁に見る人の割合は、5~10%と報告されています。
その原因としては、精神的なストレスやトラウマがある場合、レム睡眠が増えて睡眠自体が障害されている場合などです。
ストレスやトラウマがある場合は、レム睡眠が増えることによって、睡眠障害が起き、悪夢を見ることになります。
レム睡眠が増える原因は、精神的なものとは別に、生活面に問題があるようです。
それは、寝室の温度や湿度が適していなかったり、生活のリズムが乱れているなどです。
ただ問題なのは、このような原因がはっきりと見つからないことが多いことです。

悪夢に対しての効果的な対策は、あまりないようですが、明確な原因がはっきりしている場合は、精神療法を行うことによって効果があるようです。
また、睡眠薬の多くは、レム睡眠を減らす効果があるので、悪夢によってどうしても寝不足になっているようなら、睡眠薬を服用することで効果が出ることがあります。
専門の医師に症状をはっきりと伝え、睡眠薬の処方箋を頼むとよいでしょう。

フリーエリア
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.