忍者ブログ
睡眠障害について
4  5  6  7  8  9  10  11 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

子供が大きないびきをかいて寝ていると、グッスリ眠っていて安心するかもしれません。
しかし、本当に健康的な子供は、いびきをかくことなく、朝までスヤスヤと眠ります。
子供が毎日のようにいびきをかくのは、質の悪い睡眠である証拠で、身体に何らかの不調があることを訴えているのでしょう。

まず第一に考えられるのは、いびきの原因が鼻炎にあることです。
また、日常的に口で呼吸をしている子、鼻がよく詰まる子、歯並びが悪い子、栄養のバランスが偏っている子が、よくいびきをかきます。
子供は大人に比べ、もともと上気道が細くできているので、大人よりもいびきをかきやすくなっています。

いびきをかいているときは、十分な酸素が、体の中に行き渡っていません。
寝ている間には、成長ホルモンが分泌されています。
特に子供の場合は、よく睡眠をとることによって脳が発達し、それと同時に、筋肉や骨も成長するのです。
いびきによって、血中酸素が不足してしまうと、身体や精神の発達において、大きな影響を与えてしまいます。
また、昼間にぼーっとしてしまって、記憶力や集中力が低下します。
情緒不安定で友達と遊ぶのが苦手になり、家に閉じこもるようになる場合もあります。

このように、子供のいびきには非常に大きな危険性が潜んでいます。大人と同じ様に、いびきが悪化すると、睡眠時無呼吸症候群になり、最悪の場合、突然死に至ることもあります。
昼間によく居眠りをする子供は、夜の無呼吸により、慢性的な睡眠不足の可能性があります。
子供さんのいびきや無呼吸に気づいたら、すぐに対策をとる必要があるので、まずは耳鼻科に受診するようにしてください。

PR

ぐっすり熟睡するための食生活のポイントは、第一にやはり栄養のバランスに気をつけることです。
野菜や果物、炭水化物、鶏肉や魚などのタンパク質、ビタミンやミネラルなどをバランスよく摂取することが大切なのです。
また、食事の量についても気をつけなくてはいけません。
朝は適量で、昼食はたっぷりと食べ、夕食は少しなのが原則で、これが健康的な食生活といえます。

また、脂肪の多い食べ物は、できるだけ避けましょう。
特に揚げ物は、油をたくさん摂ってしまいますので、注意が必要です。
体内で脂肪分を分解するためには、長い時間がかかります。
このため、夜遅くに揚げ物を食べると、胃の消化活動が夜中まで続くため、よく眠れなくなってしまうのです。
同様に、刺激的な香辛料やニンニクなども、夕食では食べないようにしてください。

逆に、体に良いものは、黒っぽい色のものです。
昆布、のり、ワカメ、黒ゴマなどの黒色の食材は、体の調子をうまく整えてくれます。
パンでも食パンのような真っ白なパンよりも、胚芽パンの方が栄養があります。
お米も白いお米よりも、玄米の方が豊富な栄養素を含んでいます。

また、グッスリと眠るためには、カルシウムをしっかり摂ることが効果的です。
カルシウムには、気持ちをリラックスさせ、穏やかに眠られるようにする作用があるのです。
カルシウムを多く含む食品は、乳製品や小魚、海草などです。

いろいろなことに忙しい現代人は、理想的な食生活を送るのが難しいかもしれません。
しかし、特に不眠で悩む人には、できるだけ理想的な栄養バランスを保つことが重要です。
食事では、なかなか栄養バランスを整えるのができない場合は、サプリメントを使って、食生活では摂取できない栄養素を補っても良いでしょう。
サプリメントは、夜よりもできるだけ朝に摂取したほうが、効果的だといわれています。

フリーエリア
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.