忍者ブログ
睡眠障害について
2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

睡眠障害で、睡眠中に現れる症状として、睡眠時遊行症(Sleep walking)というものがあります。
これは、いわゆる「夢遊病」と呼ばれるもので、小児の10%以上に現れるという報告もあります。
たいていは、とても深いノンレム睡眠の時に現れるので、入眠してか1時間前後に認められます。
発症する年齢は4歳~8歳くらいで、ほとんどが思春期までには遅くても見られなくなります。
このように、ほとんどが心配する必要はありませんが、てんかんなどの他の病気によって、その症状が現れている場合もあります。
また、自宅以外で寝泊りする場合には、事故を起こさないように注意が必要です。症状がひどい場合には、医師に相談して下さい。

症状が現れて、遊行している時は、起こさないようにしてください。
遊行中は、とても深く眠っている状態なので、無理に起こさないで、布団に戻してあげてください。

睡眠時遊行症は、正常の範囲内の症状とされるので、症状を抑えるような薬は、ほとんどありません。
その原因によっては、抗うつ薬で症状が抑えられた、という報告もあるようです。
しかし、必ず抑えられるという薬はあまりないようです。

自宅でできる対策としては、症状が現れる時間が、毎晩だいたい決まっているのなら、その15~30分前になったら、強制的に起こさせることを5日~30日くらい続けてみてください。
確実ではないですが、それで、治ることもあります。
また、症状を悪化させないために、ストレスや疲労をためないようにしましょう。
一部の薬によって、症状を悪化させることもあるので、薬を服用するときは、医師や薬剤師に相談しましょう。

PR

入眠するのに時間がかかるといった、不眠の症状が現れない人の中には、不眠症予備軍の人もいます。
どんなところでも、すぐに眠られることを特技としている人がいますが、このような人が、不眠症予備軍の場合が多いです。
いつでもどこでも眠ることができるということは、寝不足が原因なのです。

正しい睡眠時間をとっている健康的な人は、昼間にそう簡単には眠ることができません。
睡眠と覚醒が正常にできている人は、昼間は活発に脳が起きた状態なので、寝ようとしても眠ることができないのです。
ところが、睡眠不足の人や不眠で悩んでいる人は、体が睡眠を必要としているので、昼間でも横になると、すぐに眠ることができるのです。

こうした不眠症予備軍の人は、すっかり睡眠のサイクルが乱れているので、不眠の症状がすぐに出てきてもおかしくない状態です。
自分では、不眠症になる要素があることを、よく認識できないかもしれません。
しかし、不眠症予備軍であることに、ほぼ間違いありません。
いつでもどこでも寝られることは、特技なんかではないのです。
本格的な不眠症になってしまう前に、自分の生活を見直して、睡眠を増やすなど規則正しい生活を送りましょう。
そして、理想的な睡眠のサイクルを身につけることが、とても大切なのです。

健康的で睡眠が十分な人は、夜寝床についてから、寝入るまでに10分~15分くらいかかります。
それくらいかかるのが正常なのです。
予備軍の人は、5分もかからないうちに、眠ってしまうでしょう。
それは、睡眠不足が続いていることを意味しているのです。

フリーエリア
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.