忍者ブログ
睡眠障害について
1  2  3  4  5  6  7 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

過眠症による副症状には、情動脱力発作、睡眠麻痺、入眠時幻覚、自動症、夜間の熟睡困難という症状があります。

情動脱力発作とは、怒ったりしたときなど、興奮した時に体中の力が抜けて、膝がガタガタすることで、持っていたものを下に落としてしまうことがあります。また、声を出すための筋肉や顔の筋肉まで力が入らず、言語がうまく話せなくなることもあるようです。

睡眠麻痺とは、入眠するときに幻覚と金縛りが起こる状態です。
覚醒から睡眠への移行期に、突然体に力が入らなくなり、声も出せなくて、体がどうしても動かないといった、いわゆる「金縛り」の状態です。
これも、発病する初期の段階によく起こることです。
時には、呼吸困難に近い感じがすることもあります。
多くの場合、幻覚を見たり恐ろしい夢を見ます。

入眠時幻覚とは、入眠時の半分起きて半分寝ているような時に、とてもはっきりとした夢のような幻覚を見るのです。
誰かが、鍵のかかったドアを開けて、部屋の中に入って来たとか、自分の体の上に乗っかってくるとか、凶暴な動物に襲われるなどの、生々しくて現実的な幻覚を見たり、幻聴を聞いたり、触られる感じがします。
あるいは、自分が飛んで窓から外へ出て行くという、浮遊感覚が起こることもあるようです。

自動症とは、自分では眠いという自覚がないのに、行動したことを全く覚えていない状態です。

夜間の熟睡困難は、睡眠サイクルが乱れることで夜熟睡できないことです。
はっきりとした夢を見ることで、熟睡感が得られないのです。
過眠症では、大脳が覚醒時に近いレム睡眠が頻繁に起こっています。
そのため、熟睡できません。
夜間の熟睡困難によって、頭が重く感じたり、頭痛がしたり、複視などの原因にもなります。

PR

睡眠障害で悩んでいる人の中には、少しずつ眠る時間が、毎日ずれて遅れていき、昼夜が逆転してしまう人もいます。
この睡眠障害を、睡眠相後退症候群といいます。

このような経験をした人は多いと思います。
たとえば、前日に夜更かししたことで、朝寝坊をしてしまい、その日の夜も早く寝付けず、そのまま夜型の生活になってしまうようなことです。

それがとてもひどい人は、本人では直そうと努力していても、必ず、毎日少しずつ時間がずれていき、2~3週間に一度は起きれずに、学校や仕事にも行けなくなることがあるようです。
ただこの病気は、それが生活習慣の乱れなどから生じることも多く、確かな原因がわかれば、すぐに解決できるようです。

人間は、もともと約24時間のリズムで生活しています。
しかし、このリズムは、さまざまな環境因子で毎日修正されています。
たとえば、朝早い時間に日の光に当たれば、そのリズムは短くなります。
逆に、夜遅くに日の光に当たれば、リズムは長くなるのです。
そして、昼前後に光に当たっても、あまりリズムの変化はありません。
そのため、明るい部屋で夜更かししてテレビを見て、次の日の朝は寝坊して、光に当たるのが10時頃では、体内の時計は確実に遅れてしまうということです。

健康ならば、多少夜更かししても、次の日に早起きすれば、また体内時計を進められ、正しい24時間に調節することができるのです。
24時間のリズムが乱れて、悪循環になっている場合は、それをどこかで止めなければいけません。
最も理想的なのが、悪循環をリセットする日を設け、その期間は早寝早起きをすることです。
そして、その期間は1時間程度太陽の光を浴びるようにします。
リセットできたら、その後も、また悪循環にならないように、規則正しい生活を心がけましょう。

フリーエリア
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.