忍者ブログ
睡眠障害について
1  2  3  4  5  6  7  8 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

早く眠らないと、早く眠らないと・・・、と思っていても、お風呂にも入らないといけないし、リビングでゆっくりとテレビも見たいし、友達や恋人とも電話したいし・・・、と考えているうちに、夜はどんどん流れていってしまいます。
そして、ベッドに入っても、あまり考えすぎると、なかなか寝つけないこともあります。

快適に眠るには、心も体もリラックスしていないといけません。
そこで、快適にグッスリ眠ることができる方法グッズを少し紹介します。

まずは、心地よい香りが眠りを誘う、アロマテラピーです。 
ポプリは、器などに入れて枕元に置きましょう。
小さな袋にポプリを入れて、枕カバーの中などに入れておくのも良いです。 
お香やアロマキャンドルは、好みのお香をアロマポットに入れて、自分だけのリラックスできる空間を楽しんでください。 
お風呂でも、好きな香りの石鹸や、入浴剤を使うことでリラックスできると思います。
足湯をすることもリラックスできます。

また、クラッシックのような、心地よい音楽を流して眠るのもひとつの方法です。クラッシックでなくても、自分が気に入った曲が一番効果的でしょう。
無理に、癒し効果のあると謳われる曲を選んでも、好みの曲でなえれば効果はありません。
 
次は、眠気を誘う飲み物を紹介します。  
ハーブティーはカフェインが入っておらず、副交感神経の働きを促して、心も身体もリラックスさせます。
ハーブティーは種類が豊富で、風邪の予防にもなるローズヒップティーや、リラックス効果の高いラベンダーはおなじみです。
そのほかに、カモミールは血行を良くし、鎮静作用もあるのでおすすめです。
 
また、牛乳にも睡眠を促す効果があります。
牛乳に多く含まれるカルシウムは、イライラを取り除き、精神を安定させる効果もあります。
ハチミツを入れてほんのり甘いミルクにしたり、きなこやゴマを入れてみたり、ひと工夫して、あなた好みの癒しドリンクを作ってみてください。

PR

ほとんどの人が、自然と夜になると眠くなって、朝になると目覚めます。
このリズムは、脳の中にある「生体時計」がコントロールしています。

明け方に最も体温が低くなり、昼間に上昇していき、夕方にかけてがピークで、そして徐々に下がっていくのです。
人間は体温が下がってくると眠くなります。
この体温とは、深部体温という体の内部(脳や腸など)の温度のことです。
このように、人間は、生体時計の働きや深部体温によって、眠くなったり目覚めたりするのです。
 
そもそも睡眠とは、どんな役割があるのでしょう。
睡眠をとることで、体だけでなく脳も休みます。
また、深い睡眠の間には、成長ホルモンが集中的に分泌されるのです。

さらに、睡眠によって脳の過熱を防いでいます。
あったかいお風呂に入ると深部体温は上昇し、入浴した後、入眠しやすくなります。
そして、その時生じる脳の過熱を、睡眠によって防いでいるのです。
睡眠のなかでも  徐波睡眠という深い睡眠の状態では、深部体温を大きく下げる働きがあります。

また、睡眠中にはエネルギーを保存しています。
起きている間は、体の中の物質を酸化させて、エネルギーをつくり出し、それを心と身体を活動させる動力にしているのです。
これに対して、睡眠中はその作用を抑えて、エネルギー源を保存しています。
特に深く眠っている徐波睡眠中には、最もエネルギーの消費量が低下しています。
 
それでは、睡眠は何時間とればよいのでしょう。
必要な睡眠時間は人それぞれ異なります。
よく8時間とるのが理想的といいますが、それはあくまでも平均値です、
睡眠時間の長さに関わらず、日中眠くなくシャキッとしているのなら、それがその人に適した睡眠なのです。

フリーエリア
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.